ダイエットに成功した女性女性の約80%以上もの人が悩んでいるというダイエット、男性でもお酒を飲まれる人は多いと思いますがお腹のまわりのそのお肉、指でつまめてしまったりしませんか?

様々な分野で注目を浴びている水素水ですが、なんとダイエットにも効果があることが最近の研究で分かったそうです。

ここでは、水素水とダイエットの因果関係について、解説をしていきたいと思いますので、一緒に見ていきましょう。

内臓脂肪と皮下脂肪って?

ぶよぶよしたお腹の周りについた脂肪… 思わず目を覆いたくなるようなお腹になっていませんか?

お腹の周りにつく脂肪は内臓脂肪と皮下脂肪の2つに分けられます。

皮下脂肪は皮膚組織につく脂肪のため、体の表面に近い部分にあり指でつまめてしまう体脂肪です。皮下脂肪が多くつくと外見がぶよぶよとたるんでしまい、ダイエットしようというキッカケの多くはこれでしょう。

皮下脂肪は代謝が悪く、分解されにくい性質を持っていて男性と比べると女性の方がホルモンの影響により、脂肪がつきやすくなっているようです。

そして内臓脂肪ですが、こちらは名前の通り内臓の周りにつく脂肪で、当然指でつまむことはできませんし、なかなか外からはどのぐらい内臓脂肪がついているのか分かりにくくなっています。

見た目はそんなにたるんでいないお腹でも、CTスキャンをとったら内臓脂肪がどっさり…なんてこともよく聞くお話です。

この内臓脂肪は、溜まりやすい反面、分解されるのも早い性質を持っています。男性はエネルギー源の一つとして、内臓脂肪を蓄えやすいので、女性よりも男性の方が内臓脂肪は多いとも言われています。

どちらの体脂肪も溜めないことが大事ですが、内臓脂肪は体内で悪玉の量を増やし、動脈硬化や糖尿病といった生活習慣病につながるため、適度な運動やバランスの良い食事を心がけ、代謝をあげることによって内臓脂肪を減らすことが重要となるでしょう。

ダイエットには代謝アップが重要!

ダイエットの大きな目的は、体脂肪を減らすことですがこの体脂肪を減らすためには体の基礎代謝を上げることが重要になってきます。

そもそも代謝というのは、取り入れたエネルギーや栄養が、体内で利用されたり、消費したりすることを言います。

このエネルギー代謝には細胞の中のミトコンドリアも深く関わっています。

食事で得た栄養素を体の各組織に届け、血液や皮膚、筋肉や脂肪などを作る作用を同化作用といい、エネルギーを蓄積していくものです。

反対にエネルギーを消費、燃焼する作用は異化作用といい体の筋肉を動かしたり、体温を保つためにエネルギーを使用することを言います。

人の一日の生活の流れの中で、このエネルギーを蓄える同化作用と、エネルギーを消費する異化作用は昼と夜で切り替わり、寝ている間蓄えられたエネルギーは日中活動するためエネルギーを消費し、また夜には次の日のためのエネルギーを蓄えるといったふうに毎日繰り返し行われているのです。

エネルギーの蓄積と消費のバランスが取れている状態では、肥満になることは少ないでしょう。

しかし、運動不足によるエネルギー消費量の低下や偏食や過食などによる栄養の取りすぎでこのバランスが崩れ、ミトコンドリアの機能も低下し代謝が悪くなってしまうことで肥満へと繋がってしまうのです。

注目の水素水ダイエット!

最近、簡単に続けられるダイエットとして注目を浴びている水素水ダイエット。その方法は、水素水を飲むだけ!という驚くほど簡単なものです。

こんなのでホントに痩せるの?と疑ってしまいそうですが、運動や食事制限は思っているよりもずっと辛く、なかなか長続きしない人が多いのではないでしょうか。

エネルギー代謝に重要な役割を果たしているミトコンドリアですが、これを水素の力で元気にしてあげることで、ミトコンドリアが代謝を上げエネルギーを消費しやすい体を作り、さらに日常的に水素水を取り入れることによってより効果的に体脂肪を減らすことができるというわけです。

このように水素には体内のあらゆるサビを綺麗にすると同時に、代謝アップに必要な細胞の活性化もできるなど、ダイエットをしながら美容と健康にも効果があるのはとても素晴らしいですね。

高濃度水素水「仙寿の水」を最もお得な値段で始めるには・・・

仙寿の水
下矢印仙寿の水 公式サイトでチェック