ペットボトル水素水が注目を浴びはじめ、今までにも多くのメディアで取り上げられています。

その中でもよく耳にするのが、ペットボトルでは水素が抜けてしまってダメという説です。

ペットボトルで販売されている水素水や、ペットボトルを使用した場合の特徴を調べてみましたので、本当に巷で言われている説が正しいのかを見ていきましょう。

ペットボトルで水素水はどうやって作る?

水素水を販売しているサイトでもペットボトルタイプの水素水は売られています。

ペットボトルタイプで販売されているものは、パウチタイプのように工場で圧力をかけて水素を入れ出荷されているものがほとんどでしょう。

他にも容器に水を入れ、その中に金属マグネシウムが入ったスティックを入れて、化学反応によって水素を発生させ自分で水素水を作る人も、ペットボトルを容器として使う人は多いのではないでしょうか。

しかし、普通の飲料水のようにペットボトルで水素水として販売されているものは注意が必要です。

そのペットボトル水素水にはちゃんと水素が入っていますか・・・?

未開封のペットボトルでも水素はどんどん抜けて行ってしまうのです。

キャップを閉めていても水素は抜ける??

密閉したペットボトルの中で発生させた水素は抜けていくのでしょうか?

その答えは、ペットボトルの分子よりも水素分子のほうが小さいため、どんなにしっかりとキャップを閉めても水素はどんどんペットボトルの外へ逃げていってしまいます。

水素分子は地球上で一番小さい分子ですから、これはペットボトルに限らずどんな容器に入っていても、より気圧の低い上空へと逃げて行ってしまうのです。

その中でもペットボトルは水素が抜けるのが特に早いといわれています。水素が抜けていく以上に水素を発生させ続けなければ、飲む時にはタダの水なんてことも・・・。

スティックタイプのものは使用し続けていると水素の発生濃度が低くなっていくので、定期的なお手入れも重要なポイントです。

ペットボトル水素水の持続性はどれぐらい?

アルミタイプの容器はペットボトルよりも水素が抜けにくいため、その分水素濃度の持続が期待できます。

作られた水素水はどんな容器であっても、早く飲み切るのが理想です。水素は味がないので水に溶け込んでも水の味しかしませんし、その水素水にどれだけ水素が残っているかは見た目には分からないのです。

スティックタイプで水素水を作る場合は、スティックと水が触れている間は化学反応が起きて水素を発生し続けているため、少し時間をおいても水素は残存しているでしょう。

しかしスティックを取り除いた後は抜けていく一方なので、そのまま放置した場合は完全に水になるというわけなんですね。

どんな容器であっても、水素を留めておくことは大変難しいですが、やはり水素が多く含まれた水素水を飲みたいですよね。

そのためには、水素水が入っている容器にも注目してみてはいかがでしょうか。

高濃度水素水「仙寿の水」を最もお得な値段で始めるには・・・

仙寿の水
下矢印仙寿の水 公式サイトでチェック